住処をつくる<小西けい>

今日で担当が終わります.1週間で6回しか書けませんでした.
最後に住処について.
動物が棲む場所は巣です.日本語では「巣」という表現しかありませんが、英語ではその形態などで
・nest-鳥の巣
・den-巣窟
・haunt-獣の巣
・lair-野獣の巣
・burrow-巣穴…キツネなどの(Harry Potterの親友Ron Weasleyの家はBurrowと呼ばれています.)
・beehive-蜂の巣
・cobweb-蜘蛛の巣
などいろいろな表現があります.
常々日本の文化は欧米に比べると住まいに対して関心が薄い気がします.たぶんそれは四季のある恵まれた優しい環境が理由なのかもしれません.しかし自分たちの住処を自分たち流につくっていくことはとても楽しいことだと思います.
これから家づくりをする人達には是非家づくりを楽しんでいただきたいと思っています.

p.s.1週間に1度ぐらいで書いています.興味があれば見てください.
http://gilarchitects.seesaa.net/



ソーシャルブックマーク
  • ツイートする
  • facebookでシェア
  • mixiチェック
  • はてなブックマークに登録
  • Google Bookmarks に追加
  • Newsingに登録
  • Yahoo!ブックマークに登録
この記事へのコメント
印は入力必須項目です。
※ログインしていると自動的に名前が挿入さます。
名前
URL
Mail
コメント
画像認証 :

表示されている数字を半角で入力してください。