嗚呼、実物見とけばよかった!

窓でも、ドアでも、床でも、何でも、実物を見られるものはすべて見ておいたほうがいい。見ておくべき!

とても大事なことなので、最初に大きく書きました。

外壁のカタログを見ながら、どれにしようか選んでいた時に、営業担当の蛭川さんから、
「写真と実際の色とは違います。」
と言われて、建て売り住宅がたくさん集まっている場所に連れて行ってもらって、実際に見せてもらいました。

窓や蔵、天井の高さも、「実際に見てみますか?」と、打ち合わせのさいちゅうに、蛭川さんと、モデルハウスを探険したりしていました。

実際に見てみることがとても大事だと思ったワタクシたち夫婦は、とにかく見られるものは全て見るよう心がけました。

うっかりカタログだけで選んでしまっていた窓も、実際に見て、「この窓がいいです」と変更したことで、とても気持ちのいい部屋ができました。(『この部屋の名は』をご覧ください)

しかし、抜けてしまうところはどうしても出てしまう。
それが、表札と、換気扇と、階段でした。


まずは表札。

これは仕方なかったのです。メーカーさんのショールームが近くに無くて、カタログで決めるしかなかった。
夫婦そろって、「コレだ!」と決めたデザインがこちら。


HsMKnJF8up.jpg



そして、実際に付いたのがこちら。

D3UG16cWMb.jpg

青い!水色を想像していたのに、青い! そして、泡泡が見えない!
取り変えたいとまでは思わないけれど、「これでもいいんじゃない?」と思うけれども、やっぱり想像とちがーう!


次に換気扇。

24時間換気用の換気扇。
多くの家では家の側面や裏側に付けるので、うっかりすっかり外から見るとどんな風に見えるのか見ていなかった。


「きっと薄くて目立たないよ」と思いこんで、家の正面につけたら、大失敗。(詳細は『無くて困った!立体模型』をご覧ください)

最後に、これは本当に大失敗だった。階段!

家が出来あがってから気付いたのですが、階段の入口の天井が低い

階段の入口の、床から天井までの高さが240㎝なんです。部屋としては普通の高さなのですが、階段はそこから上がっていくことになる。だから、背の高ーい外国人さんだと、階段の入り口で、天井に頭をぶつけます。

幸い、妻は身長が低いので全く問題はないのですが、夫は階段を下りてくる時に「頭をぶつけそうで怖い」「圧迫感がある」とこぼしておりました。

階段も、作りが全く同じものを、実際に上り下りしておくべきでした。



ソーシャルブックマーク
  • ツイートする
  • facebookでシェア
  • mixiチェック
  • はてなブックマークに登録
  • Google Bookmarks に追加
  • Newsingに登録
  • Yahoo!ブックマークに登録
この記事へのコメント
印は入力必須項目です。
※ログインしていると自動的に名前が挿入さます。
名前
URL
Mail
コメント
画像認証 :

表示されている数字を半角で入力してください。
 
トラックバックURL
  • トラックバックURL

  • 【トラックバックにつきまして 】
    ミサワホームブログでは、トラックバックにスパム対策を講じております。

    ミサワホームブログの記事へトラックバックを送信する際には、トラックバック元の記事の本文中に、トラックバック送信先の記事の「ページURL」を記載してください。 「ページURL」が含まれていないトラックバックは受け付けできません。

    ※トラックバックはブログ管理者による確認後、ブログに反映されます。

    なお、一部のブログやサービスからのトラックバックは受け付けできない場合がありますので、あらかじめご了承ください。

プロフィール

プロフィール画像
ああしときゃよかった話
ミサワホーム東海で木造注文住宅『蔵のある家』を建設。
今更ながら「ああしときゃよかった!」「こうしときゃよかった!」と思うことを
ここで愚痴って発散してます。

カレンダー

<<   2014年03月   >>
            01
02 03 04 05 06 07 08
09 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

最近の記事





最新のトラックバック

ブックマーク

  • rss 1.0