ショールームでの失敗が響いた洗面所

有名な骨董商のかたが、よく、こうおっしゃっています。

「焼き物は、眺めているだけではダメ。触ってみないと。」

道具の良し悪しは、やはり触ってみなくてはわからないってことなのでしょう・・・

ワタクシも、あの時、触っていたら間違いなく気が付いただろうと思います。

うちの洗面化粧台、陶器だと思ってたのに、プラスチック製だったー!!

『人工大理石』なんてかっこいいこと書いてあるけど、手触りはもうプラスチック。陶器よりもずっと傷が付きやすいので、ガシガシ磨くことができず、現在、洗面ボール全体にヒョウ柄のように水垢が付いちゃっています。

あ―――!!なんでショールームで見た時に気が付かなかったんだろう!!

ショールームでは、お行儀よく眺めているだけではいけません。どんどん触っていきましょう!



ソーシャルブックマーク
  • ツイートする
  • facebookでシェア
  • mixiチェック
  • はてなブックマークに登録
  • Google Bookmarks に追加
  • Newsingに登録
  • Yahoo!ブックマークに登録
この記事へのコメント

  • 1,
  • りあさん
  • 2015/05/17 00:00
ミサワホームで新築建てます。ただ今部材発注の目前で、色々調べながら確認しているところで、すごく参考にさせていただいています!
水回りはまだもう少し先の決定になりますが、ショールームへあまりいけないので、プラスチックだと思われたメーカーなど、教えていただけたら嬉しいです。でも、悪いところを名指しするのはだめなのかもしれませんね・・・。もしできるなら、でよいので、お願いします。

りあさん コメントを下さってありがとうございます。

我が家の洗面台はリクシルです。

ミサワの標準のものではなく、ショールームで見て気に入ったものを入れてもらいました。商品名は『ピアラ』です。

ショールームは、リクシル・パナソニック・クリナップ・タカラと回りましたが、その時には、「プラスチックだ!」と思ったメーカーはありませんでした(ちなみに洗面は、リクシルかクリナップかで迷いました)。

ピアラも、見た目は陶器と変わりません。手入れをあまりしませんが(汚れを水で流す程度)、一見とてもきれいに見えます。が!触ると「プラスチックだ!」とすぐわかりますし、光の加減で鱗汚れが目につきます。

カタログの後ろのほうに載っている『仕様表』を見ると、「人造大理石」と記載があります。しまったー。(つづく)

(つづき)

人工大理石にも、良い点はあると思います。陶器と人工大理石、それぞれの長所・短所を知って、自分たちの生活スタイルにピッタリのものを選ぶのがベストだと思います(ワタクシどもはガシガシ磨きたいタイプなので陶器がよかったー)。

自分たちの手が回らないところは・・・営業担当さん! 営業担当さんにガンガン聞きまくって、ガンガン働いてもらって、素敵な家を作って下さい。

ワタクシどもで、お力になれる部分があれば、どうそなんなりとコメントくださいませ。

  • 4,
  • りあさん
  • 2015/05/18 01:42
お返事ありがとうごさいます!

うちも違うシリーズですがリクシルなんです~。仕様確認しなきゃですね・・・。みんな同じもんだと、デザインにしか目がいってなかった・・・。
でも確かに、三面鏡の部分は軽いというかちょっとつくりがちゃちいなと思いました。開閉を強めにしたら悪くしそう。軽い方がいいと思われる方もいらっしゃるとおもいますが、実家や今までのマンションの方が重厚感がありました。

りあさん、そうですか、シリーズは違えど同じリクシルでしたか。

キッチン・トイレ・洗面台・お風呂。どれも毎日使うものなので、価格やデザインだけでなく、使い心地・使い勝手、メンテナンス面、掃除のしやすさなど、自分の納得のいくものを真剣にじっくり選ぶことをおススメします。

実物を見学する際におススメなのが、どこかの記事にも書きましたが、『エアー掃除』。
掃除をすると、すごく細かな点にも気付くことができます。

もしもショールームに行く機会が持てましたらば、掃除をするつもりで、隅々まで触って、ご覧になって、厳選してくださいませ。
印は入力必須項目です。
※ログインしていると自動的に名前が挿入さます。
名前
URL
Mail
コメント
画像認証 :

表示されている数字を半角で入力してください。
 
トラックバックURL
  • トラックバックURL

  • 【トラックバックにつきまして 】
    ミサワホームブログでは、トラックバックにスパム対策を講じております。

    ミサワホームブログの記事へトラックバックを送信する際には、トラックバック元の記事の本文中に、トラックバック送信先の記事の「ページURL」を記載してください。 「ページURL」が含まれていないトラックバックは受け付けできません。

    ※トラックバックはブログ管理者による確認後、ブログに反映されます。

    なお、一部のブログやサービスからのトラックバックは受け付けできない場合がありますので、あらかじめご了承ください。

プロフィール

プロフィール画像
ああしときゃよかった話
ミサワホーム東海で木造注文住宅『蔵のある家』を建設。
今更ながら「ああしときゃよかった!」「こうしときゃよかった!」と思うことを
ここで愚痴って発散してます。

カレンダー

<<   2014年08月   >>
          01 02
03 04 05 06 07 08 09
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

最近の記事





最新のトラックバック

ブックマーク

  • rss 1.0