最近の記事

カレンダー

<<   2017年04月   >>
            01
02 03 04 05 06 07 08
09 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

月別アーカイブ

<<   2017年   >>

このブログで使用したタグ


地震計アレイ回収…

3月11日,設置していた地震計の回収作業を行いました.
昭和基地のある東オングル島とその周辺の南極大陸沿岸部には過去の隊で地震計が設置されており,24時間365日データが蓄積されています.これとは別に58次隊では地圏隊員が臨時に地震観測を実施していました.58次隊が昭和基地に到着した1月初めに地震計を13台設置し,3月中旬まで約2ヶ月間のデータを収録しました.この観測ではこれまで実施してきた観測とは少し違って,地震計を狭い範囲に複数置いて観測するという方法を使っています.この観測方法ではどの方向で地震が発生したのかを知ることができます.これまでの観測点のデータだけでもP波やS波が明瞭な地震はどこで地震が発生したのかを知ることができるのですが,小さな地震や「微動」と呼ばれる通常の地震よりもエネルギーが小さく長く続く振動は遠く離れた場所に配置した従来の観測網よりも今回の様な観測の方が解析するのが得意なのです.
たくさん設置した地震計ですが,越冬隊員で地圏担当はたった一人.いくら歩いて行ける距離とはいっても機材は数も重量もあるので一人での作業は大変です.その上設置したのは立ち入り制限区域で,許可を得たうえで2人以上で行動することが決められています.
JkArNWHPt_.jpg

LdfnERTAUo.jpg

TCrACYMPoj.jpg

観測隊では他の観測や設営作業でも最低限の人数の専門家しかいないので,人手が必要な時にはお互いに助け合っています.今回はN隊員(地圏)T隊員(気水圏)と3人で行動しました。
今回のミッションは地震計6台,収録装置,100mケーブル4本の回収です.地震計は乱暴に扱うと壊れてしまうので慎重に持ち運び,ケーブルも断線しないように注意して回収しました.

いい経験でした....。



ソーシャルブックマーク
  • ツイートする
  • facebookでシェア
  • mixiチェック
  • はてなブックマークに登録
  • Google Bookmarks に追加
  • Newsingに登録
  • Yahoo!ブックマークに登録
この記事へのコメント

  • 1,
  • メミコさん
  • 2017/04/10 15:48
お疲れ様です  地震の観測もあるんですね

今朝 しらせが晴海埠頭に寄港したとの記事を見ました

58次観測隊員と1千トンの物資を運んだんですね

こちらの無事帰ってこれてよかったですね

  • 2,
  • ジロさん
  • 2017/04/11 00:20
メミコさん
コメントいつもありがとうございます。
58次夏隊の隊員から無事に着いたと連絡がありました^ ^
日本に帰るまで後1年…。
長いようで短い南極生活楽しみます。

  • 3,
  • いそり嫁さん
  • 2017/04/12 19:12
南極では本業以外のいろんな事をするんですね。
すべていい経験になりますね!
ジロさんが南極に行ったことで私も色々な事を知ることができて勉強になってます。
今日は年賀状が届きました。
偶然ですが今日は私の誕生日。
素敵なプレゼントになりました(o^^o)
これから冬の季節になると聞いています。
体に気をつけて頑張って下さいね。

  • 4,
  • MATSUさん
  • 2017/04/13 13:16
年賀状届きました。
ありがとうございます。
順調そうですね。
くれぐれも体を大切に頑張ってください。

いそり嫁さん
HAPPY BIRTHDAY
HAPPY NEW YEAR
外の温度も-10℃下回る日も多くなり、
本当に色々な経験をさせて頂いてます。

MATSUさん
コメントありがとうございます。

南極生活、順調に楽しく過ごしてます。
日本は桜と花粉がピークではないでしょうか。
今年の南極は雪が少なくまだ土が沢山見えてます。
印は入力必須項目です。
※ログインしていると自動的に名前が挿入さます。
名前
URL
Mail
コメント
画像認証 :

表示されている数字を半角で入力してください。
 
トラックバックURL
  • トラックバックURL

  • 【トラックバックにつきまして 】
    ミサワホームブログでは、トラックバックにスパム対策を講じております。

    ミサワホームブログの記事へトラックバックを送信する際には、トラックバック元の記事の本文中に、トラックバック送信先の記事の「ページURL」を記載してください。 「ページURL」が含まれていないトラックバックは受け付けできません。

    なお、一部のブログやサービスからのトラックバックは受け付けできない場合がありますので、あらかじめご了承ください。