カレンダー

<<   2018年07月   >>
01 02 03 04 05 06 07
08 09 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近の記事

月別アーカイブ

<<   2018年   >>

このブログで使用したタグ


とっつき迄のルート  何故か首痛

          内陸での観測の準備



            大陸へ渡るには

その前に 基地のある東オングル島から大陸迄の安全なルートを決める

重要な仕事がある

海洋の状況によってルートをきめるルート工作は時期が前後する

今回59次は海氷がなかなか繋がらず 今月に入るまで作業をすることが難しい状況

でありました。

やっと始まったルート工作 まず とっつきとよばれる上陸ポイントまでの

約15キロのルートを作成中です 

いつもは建築の仕事でお手伝い出来ないのですが
  
土曜、日曜 応援募集があり 一応休日だしチャンス 早速立候補

土曜の9時半出発部隊に参加が決定  金曜夜に野外担当A隊員と隊長から

支援内容 必要物資 注意点等の説明をうけた。

天気はおおむね良好 ただし気温は-25~30 防寒対策はしっかりせねば!


tkamrt1q7_.jpg

   スノーモービル2台 物資橇1台 人員4名 出発


ルートはクラックや氷山など危険な箇所を避け尚且つ最短距離で上陸出来るように

氷上の状態を確認し目視できる距離で旗竿を設置し進んでいきます

ルートができている約12キロ地点を目指し出発

 私は後部シートで落ちないようにしっかりつかまりながら

 それでも久しぶりの海氷上 景色を堪能しながらの移動・・


AjWs75yHzT.jpg


 寒い~ 手と足そして顔が冷たい 一時間移動しポイントへ到着


9qK7tiPJFN.jpg


予定したルート上にクラックを発見すると 安全に渡れる場所かチェック

クラックの大きさ そのクラック前後の氷の厚さの測定し判断

状況が悪ければ 遠回りでも迂回し 安全なルートを探します

現地について5時間弱 寒さから 避難する場所もなく黙々と作業

体を動かすと 多少手足も暖かくなり 無事任務完了 上陸までのルート

完成とまではいかなかったが 道筋は出来た 時間の都合で一瞬であったが

とっつきに上陸もできた~



暗くなるまえに 基地へ戻る行動予定 帰りはスノーモービルのドライバー

安全に運転。隊長のせてるしね


aNpFFPBv6B.jpg


    一面真っ白な海氷上   雪と氷山だけの世界

基地に入って 燃料補給し 後片付けがおわると4時過ぎてました

みんなで1番風呂に入って体を温めて 土曜は鍋の日 参鶏湯 旨かった~

                充実の1日

                 
              今週の作品

               
we8gXyrvdU.jpg


     H隊員の依頼で看板作成   文字はH隊員 しぶいでしょ

         彫りこんで文字浮き出しで作成


          あと 先週日曜に 有志で橇作成

_J5bXDEcuU.jpg



8i1C2EbpaO.jpg


             もう少しで 完成


  まだ  1時だし  造作してきます ゴロゴロしてもね~

4日くらい前から寝違えたのか 首と背中の筋が痛いが気にせず行ってきます


          それではまた  ご安全に!

          



ソーシャルブックマーク
  • ツイートする
  • facebookでシェア
  • mixiチェック
  • はてなブックマークに登録
  • Google Bookmarks に追加
  • Newsingに登録
  • Yahoo!ブックマークに登録
この記事へのコメント

  • 1,
  • M3欽さん
  • 2018/07/23 12:44
なまら びっくりしました。2人に 連絡しました。ご安全に!

M3欽さん
お久しぶりです
昭和基地でもかわらず元気にやってるよ
奥様、息子さん、娘さんとなかよくね~
印は入力必須項目です。
※ログインしていると自動的に名前が挿入さます。
名前
URL
Mail
コメント
画像認証 :

表示されている数字を半角で入力してください。
 
トラックバックURL
  • トラックバックURL

  • 【トラックバックにつきまして 】
    ミサワホームブログでは、トラックバックにスパム対策を講じております。

    ミサワホームブログの記事へトラックバックを送信する際には、トラックバック元の記事の本文中に、トラックバック送信先の記事の「ページURL」を記載してください。 「ページURL」が含まれていないトラックバックは受け付けできません。

    なお、一部のブログやサービスからのトラックバックは受け付けできない場合がありますので、あらかじめご了承ください。