カレンダー

<<   2020年10月   >>
        01 02 03
04 05 06 07 08 09 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

最近の記事

月別アーカイブ

<<   2020年   >>

このブログで使用したタグ

南遊記の終盤

1月中旬から61次隊夏の建築工事支援で放球デッキ建設工事に入りました

越冬隊の建築担当として、昭和基地での最後の建設作業です


型枠の加工・製作から捨コン・基礎の打設捨コン打設基礎配筋

鉄骨の建て方鉄骨建て方鉄骨建て方鉄骨建て方鉄骨建て方

デッキ材の敷設デッキ材敷設

出来上がり!完成!完成!完成全景

1月30日竣工式にて61次建築チームと一緒に記念撮影[わーい(嬉しい顔)]61次建築チーム

61次越冬建築担当の鈴木聡さん(左)と南極悟空(右)越冬建築担当ツーショット 61次隊は昭和基地での夏作業期間が短くて大変だったと思いますが 気象棟解体と放球...



基本観測棟 看板取付!

61次隊・しらせがやってきてからの60次隊は
持ち込み荷物の空輸・氷上輸送、持ち帰り空輸や業務の引継ぎなどなど大忙しでした
そのような夏業務の合間に基本観測棟の看板を製作しました[exclamation]

昭和基地には様々な看板が有りますが全て手作り
気象部門が入居して本格的に使い始めた基本観測棟にもぜひオラが看板を[猫][ひらめき]

ということでまずは昭和基地のいくつかの看板をご紹介

昭和基地と言えばやっぱりこちら昭和基地看板19広場にある基地...



61次隊が来たよー!

明けましておめでとうございます
本年もよろしくお願い申し上げます[ほっとした顔]

早速ですが
ついにしらせで61次隊が昭和基地に来たー!!

出発前の予定では第1便は年が明けてから飛ぶ予定でしたが往路の観測も順調に進み
ちょっと予定が早まってしらせがすぐ近くまでやって来ました

29日の朝に基本観測棟の気象:藤田建隊員より無線が入りました
『西の海上にしらせが見えます』西側を見てみると、、、 基本観測棟の階段に昇って西の海上を見てみると...



ちょうど1年前でした

こちらの皇帝ペンギン

皇帝ペンギン ちょうど1年前の今日、2018年12月17日に撮影した写真です どこかで見た覚えがある方もいらっしゃると思いますが 日本極地研究振興会が毎年制作している南極カレンダー その2020年版12月の写真に採用していただきました[わーい(嬉しい顔)] この日はしらせが定着氷縁に入り停泊中で 皇帝ペンギンだけじゃなくアデリーペンギンも沢山近くに来てました[ペンギン][ペンギン][ペンギン] ちょっとだけ1年前を振り返ってみましょう[猫]...



倉庫棟防水工事と気象棟引越し

オス! 南極で2回目の白夜を迎え60次越冬隊は大忙しの毎日です[冷や汗]

こちらは各部門の残っている作業を書きだしたホワイトボード夏作業一覧

次の隊の受け入れや帰国の準備などなど、作業予定がびっしり[冷や汗2]
これらの予定に通常の越冬隊には無い項目が60次隊には多くあります


その一つが倉庫棟の屋根防水工事 前回夏に時間切れで施工できず越冬中にすることになった工事で 建築部門のオラがメイン担当の作業です[猫] もう一つ、基本観測...



露天風呂と白夜の始まり

今更ですが 白夜、始まってます[うまい!]


昭和基地では11月21日23時43分に今年最後の日の入
48分後の翌22日0時31分に今年最後の日の出

来年の1月21日まで2ヵ月間は太陽[晴れ]が沈まず本格的な夏を迎えました


-10℃近い基本観測棟屋上デッキで束の間の夜を惜しむ隊員たち基本観測棟屋上デッキから見る夕日

夜といってもすぐそこにいる太陽からの夕焼け兼朝焼け夕焼け兼朝焼け

昇る太陽、白夜の始まりです白夜の始まりの日の出 夏が来て61次隊を乗せたしらせも出港し、着々と帰国へ...



初夏、南極の動物たち【昭和基地編】

夏が近づき昭和基地でもアデリーペンギンの目撃情報が急増[ひらめき]

10月末のある日のこと
第1夏宿からコンテナヤードまでの道、通称【高田街道】に出現の一報1夏の裏1夏の裏風発とペンギン

高田街道の道路標識 動物注意[ペンギン] はダテじゃなかった(笑)

オラも含め近くにいた隊員がペンギンに会いにきました南極悟空と和泉隊員

ちょっと遊んでみた[猫]

あたまナデナデあたまナデナデ

だるまさんがころんだだるまさんがころんだ

はい、ポーズ!はい、ポーズ!


東部地区に有る観測棟の前にもよく単独ペンギンが出没しますインテルサットアンテナとペンギンインテルサットアンテナとペンギン 通信アン...



初夏、南極の動物たち【野外行動編】

オス! 白夜の始まりまであと10日ほどとなりました

すでに真っ暗な夜は無くて空は常に明るさが残り
日の入りの22時過ぎには地球影やビーナスベルトを見ることが出来ます[ウィンク]水平線上の地球影とビーナスベルト 気温も上がってきて、といってもマイナスひとケタですが[冷や汗] ルート工作などの野外行動中にペンギンやアザラシに出会う機会が増えてきました 最近の野外行動で出会った動物たちをご紹介します[猫] 【ラングホブデルート工作】 片道30kmあるラング...



福島隊員慰霊で西オングル島へ

昭和基地には日本の南極観測隊で唯一遭難事故により亡くなられた福島隊員の慰霊碑

福島ケルンが有ります

2月の越冬成立式のあとに越冬隊全員で越冬の安全を祈願して慰霊祭を行ってました福島ケルン この福島ケルンは福島隊員を見失った場所に建てられています 福島隊員は第4次隊で1960年10月10日A級ブリザードによるロストポジションで遭難 第9次隊により1968年2月9日に昭和基地から約4km離れた西オングル島で遺体...



内陸旅行隊 出発支援

ようやくブリザードもおさまり、いよいよ内陸旅行隊が出発です[exclamation]


オラは内陸旅行には行きませんが出発支援のメンバーになりました[猫]内陸旅行 出発支援隊
左から 里中隊員、内海隊員、南極悟空、松嶋隊員


本隊より2時間早く、朝7時過ぎに基地を出てとっつき岬へ先乗り

雪に埋まった燃料ソリを掘り起こしたり、といった準備作業をしますとっつき岬


内陸旅行隊のメンバーは6名の精鋭[ひらめき]内陸旅行隊 左から 廣田隊員、井上隊員、佐賀隊員、古見隊員、藤田隊員、鈴木隊...