カレンダー

<<   2019年06月   >>
            01
02 03 04 05 06 07 08
09 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

最近の記事

このブログで使用したタグ


次から次へと安全講習

オス! 5月は中旬からブリザード5連発[がく〜(落胆した顔)]

ということは、ブリザードにもれなくついてくる外出注意令も[冷や汗2]

外出注意令が発令されると全員の所在が確認され不要不急の外出は控えるので
定常観測をしている気象隊員が気象棟と行き来する以外は余程の事が無い限り
ほとんどの隊員が基地主要部にいます

外に出ないで何してるの? って思う方も多いのではないでしょうか

5月はブリザード・外出注意令と共に屋内の安全講習も沢山開かれました[わーい(嬉しい顔)]


講習は主に【野外観測支援】隊員と【医療】隊員が講師となって行われました

最初のBブリの時は野外活動について
野外安全講習


次のCブリとBブリが続けて来ていた最中に医療講習が二つ
南極の疾病

傷病者の搬送


4発目のBブリはちょっと長かった[冷や汗]
レスキューの基礎技術 ロープワーク
ロープワーク①

ロープワーク②

ロープワークを駆使してレスキューの為に危険な場所へたどり着くための練習
レスキュー①

レスキュー②

レスキュー③

傷病者は搬送しなければいけませんよね
南極は寒いですから[雪]傷病者を冷やさないようにするため
テント等を利用して断熱する方法を講習
シート梱包①

お手本のあとは各テーブルごとのグループに分かれてやってみよう!
シート梱包②

要救助者は誰かな?
シート梱包③

加えて、ロープワークのおさらいと救命講習
ロープワーク

救命①

救命②
心肺蘇生法は専用の人形を使って[うまい!]

5発目はBブリ[がく〜(落胆した顔)]
当初は管理棟の非常階段で実施予定だった講習ですが、、、
いつ外に出れるのか?というブリ続きだったので倉庫棟にて屋内に変更

クレバスに落下した時に役立つかな? もちろん落ちない事が第一ですが[ひらめき]
落ちた人を助けに下に降りる【懸垂下降】とロープで登る【登り返し】

まずは道具の使い方から
ハーネス等々

倉庫棟の梁から下げたロープで実習
実習①

実習②

実習③

実習④


国内の冬期・夏期総合訓練でも実施してきた講習ですが
普段からやってないと直ぐに忘れてしまいますよね[考えてる顔]

繰り返して確認することが日々の安全な生活に繋がっています[ぴかぴか(新しい)]



ソーシャルブックマーク
  • ツイートする
  • facebookでシェア
  • mixiチェック
  • はてなブックマークに登録
  • Google Bookmarks に追加
  • Newsingに登録
  • Yahoo!ブックマークに登録
この記事へのコメント

  • 1,
  • くまモンさん
  • 2019/06/13 15:46
限られた人数で何でもこなさないとやっていけないからこういう訓練はとても大事ですね

そういう状況がこないのが一番ですが確かに講習を受けても日頃やらないといざというときできないですよね

これからも安全には十分気をつけてくださいね

くまモンさん
仰る通りで、万が一を起こさないよう日々の心構えを持つために
大事なことだと思います

安全第一でがんばります!

  • 3,
  • ひーちゃんさん
  • 2019/06/16 23:25
いつもご苦労様(^^)

  • 4,
  • ひーちゃんさん
  • 2019/06/16 23:26
いつもご苦労様(^^)

  • 5,
  • ひーちゃんさん
  • 2019/06/16 23:29
あれ?文章が消えて投稿されてしまってる笑笑!
なんでかわからないのでもう一度書くヮ(爆笑)
ロープワークに過剰に反応してしまったゎ(^O^) なぜなら、あたしはロープワークが得意でござるから☆…リングの中でね笑笑

それじゃ~、毎日を頑張って過ごしてね!! ファイト〜!!

ひーちゃん いつもありがとねー!
ロープワークは覚えてみるとなかなか面白いよ(笑)
印は入力必須項目です。
※ログインしていると自動的に名前が挿入さます。
名前
URL
Mail
コメント
画像認証 :

表示されている数字を半角で入力してください。
 
トラックバックURL
  • トラックバックURL

  • 【トラックバックにつきまして 】
    ミサワホームブログでは、トラックバックにスパム対策を講じております。

    ミサワホームブログの記事へトラックバックを送信する際には、トラックバック元の記事の本文中に、トラックバック送信先の記事の「ページURL」を記載してください。 「ページURL」が含まれていないトラックバックは受け付けできません。

    ※トラックバックはブログ管理者による確認後、ブログに反映されます。

    なお、一部のブログやサービスからのトラックバックは受け付けできない場合がありますので、あらかじめご了承ください。