ドラえもんの部屋

家ができあがった時には、施工主の誰もがきっと、子供のようにはしゃぎながら、家のあちこちを見て回ることだろうと思います。

ワタクシどもも同じく、家の中を歩きまわり、作り付けの家具の引き出しや扉を開けて、中を見て回りました。

そんな中、妻が「見て見て!」と大笑いし、夫が「へぇ!」と感心したのがここ。

dz_j1OkaYY.jpg

吊り押し入れの中です。

さて皆さま、この先を読む前に、画面をスクロールする手を休めて、どうぞご想像くださいませ。

フツーの押し入れの中は、どんな感じか。

ワタクシどもの想像していた押し入れの中は、昔ながらの『ベニヤ板張り』でした。

ですが実際の押し入れの中は、こうなっていたんです。

e5zH0rM8zH.jpg

壁と天井には、和室と同じクロス(壁紙)が張られ、枕棚には白い化粧板が使われていました。

そして、中段に使われていたのは、フローリング!

sFhnxnpbso.jpg

注)この写真、部屋ではなく押し入れの中です。撮ったワタクシも「部屋にしか見えん」と思いました

しかもリビングと同じ、我が家の中で一番良い(つまり一番高価な)ワックスレスタイプのもの。

我が家のキッチンはビニール床。二階は全面要ワックスタイプの床なので、妻が「押し入れの中のほうが、いい床になってる!」と、大笑いしてました。

押し入れの中の材質については、もう頭っから「べニア張り」と決めてかかっていて、こだわりもなかったので、打ち合わせでどんな話しをしたのか、正直覚えていません。たぶん、ミサワホームさんにおまかせしたんだと思います。「一番安価な仕様でお願いします」と伝えていたら、もう少し金額が下がっていたかも・・・。

まさに部屋と同じ仕様なので、べニア板張りと違って汚れを気にすることなく安心して布団を収納できるのですが、ほんとに贅沢だな~。(べニア板は年月がたつと汚れてきて、それが布団につくようになります(経験談))




~蛇足~

この記事を書きながら、「この押し入れなら、ドラえもんだって快適に寝起きできそうだ」と思ったのが、記事の題名を『ドラえもんの部屋』にした理由。ホントに居心地よさそうです。



ソーシャルブックマーク
  • ツイートする
  • facebookでシェア
  • mixiチェック
  • はてなブックマークに登録
  • Google Bookmarks に追加
  • Newsingに登録
  • Yahoo!ブックマークに登録
この記事へのコメント
印は入力必須項目です。
※ログインしていると自動的に名前が挿入さます。
名前
URL
Mail
コメント
画像認証 :

表示されている数字を半角で入力してください。
 
トラックバックURL
  • トラックバックURL

  • 【トラックバックにつきまして 】
    ミサワホームブログでは、トラックバックにスパム対策を講じております。

    ミサワホームブログの記事へトラックバックを送信する際には、トラックバック元の記事の本文中に、トラックバック送信先の記事の「ページURL」を記載してください。 「ページURL」が含まれていないトラックバックは受け付けできません。

    ※トラックバックはブログ管理者による確認後、ブログに反映されます。

    なお、一部のブログやサービスからのトラックバックは受け付けできない場合がありますので、あらかじめご了承ください。

プロフィール

プロフィール画像
ああしときゃよかった話
ミサワホーム東海で木造注文住宅『蔵のある家』を建設。
今更ながら「ああしときゃよかった!」「こうしときゃよかった!」と思うことを
ここで愚痴って発散してます。

カレンダー

<<   2014年10月   >>
      01 02 03 04
05 06 07 08 09 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

最近の記事





最新のトラックバック

ブックマーク

  • rss 1.0