『家はキャンパスである』 (追記しました)

『家はキャンパスである。「完成された家」を建てようとするのではなく、住みながら暮らしをデザインできる「キャンパス」を用意するつもりで家づくりをすると、そこでの暮らしが楽しくなる』と書かれた本を、読んだことがあります。

新居に暮らし始めて6ヵ月。言葉通り、家をキャンパスのようにして楽しんでいる妻の話をお聞き下さい。




家の設計をしている時に、妻は、「玄関の窓を、ステンドグラスにしたい」と言っていました...



窓やニッチの高さに注意!

先日、幼い娘が起こした事件を、みなさまにご報告したいと思います。

我が家の主寝室と廊下の間の壁には、風通しが良くなるように、室内用の窓をつけました。
90Oc5W9cs2.jpg

幼い我が子は、この窓から顔を出すのが大好きで、自分専用の踏み台に登り、廊下を通る父母に手を振ったりしています。

ある日、我が子が踏み台なしで窓枠によじ登り、下に降りられなくなって「誰か下ろして~!」と叫んでいました。夫は笑っていましたが、妻は内心ヒ...



夫婦喧嘩は必ず起こる

妻には2組、注文住宅を建てた友人がいて、その2組とも「家を建てるって本当に大変だよ。一度は夫婦でケンカになるよ。」と話していたそうです。

ワタクシども夫婦は、自分で言うのも何なのですが、ご近所でも評判になるほど仲のよい夫婦で、趣味や趣向も似通っているので、そんなに揉めることはないだろうと思っていたのです。が! そんな考えは甘かった。




第一次夫婦喧嘩が勃発したのは、営業担当さんを交えて、作り付け家具...



広いベランダのススメ

妻の夢が縁側でのお茶(『憧れのウッドデッキ』参照)なら、夫の夢は、ベランダでのバーベキューでした。

何度目かの転勤で住むことになったアパートには、ものすごく広いベランダがついていて(6畳はあったと思います)、そこに椅子を出して、本を読んだり、ランチを食べたりしていたのですが、外で風に吹かれながらくつろぐ時間は本当に気持ちがよくて、「家を建てよう」と決めた当初から、「絶対に広いベランダを付けよう...



シュミレーション不足だった動線

家の間取りを考える時に、重要になる『動線』。

言うに及ばず、人の動きを線であらわす動線を、何度もシュミレーションして図面に(もしくは頭の中に)描くことは、快適で、暮らしやすい家を作る上で、ホントーに重要なことの一つです。

ワタクシどもの場合も、間取りを決める時や、照明のスイッチの個数・場所を決める時に、何度も動線を引いて検討しました。

その甲斐あって、ミサワホームさんが製作した『完成お披露目会を知...



ショールームでの失敗が響いた洗面所

有名な骨董商のかたが、よく、こうおっしゃっています。

「焼き物は、眺めているだけではダメ。触ってみないと。」

道具の良し悪しは、やはり触ってみなくてはわからないってことなのでしょう・・・

ワタクシも、あの時、触っていたら間違いなく気が付いただろうと思います。

うちの洗面化粧台、陶器だと思ってたのに、プラスチック製だったー!!

『人工大理石』なんてかっこいいこと書いてあるけど、手触りはもうプラスチッ...



コスト削減とフローリングの秘密

ワタクシどもの家が、まだ設計の段階の時、

部材発注を目前にして、床の素材やコンセントの位置など、家の内部の細かな設計も終わり、ついに、恐怖のお見積金額が提示されました。

こだわりのかな~り強いワタクシどもの欲望要望を詰め込んだ家。見積金額も、かなりの金額になっておりました。

「これでは、エクステリアの予算がないどころか、すでに予算オーバーだ!」と困ったワタクシは、正直に、

「間取りは変えたくないで...



光の演出 夜中編 (画像追加しました)

家を設計している時、「こりゃあ、出来上がってみないとわからない」と思う箇所がいくつかありました。その中のひとつが『照明』です。

照明の明るさは、一人一人感じ方が違うそうです。

Aさんにとって、「充分明るい」照明でも、Bさんにとっては、「もうちょっと明るいほうがいい」と感じられたりします。

ですから、ミサワホームのインテリア担当さんに照明をお任せすると、「誰が見ても明るいお部屋」になるような、無難な...



光の演出 日中編

以前にも書きましたが、家を建てる際に我々が特にこだわったのは、明るさ・風通し・収納の3つでした。

その中の一つ、部屋の中の明るさに関しては、お互いの実家が、なぜか南を向いているのにもかかわらず、昼間でも電気をつけなくてはいけないほど暗いことや、当時住んでいたアパートの玄関が、暗くて陰気だという実体験から、「明るい家がいい!」と、本を読み、建て売り物件を見学しに行って、各部屋の実際の明るさを見て、よ...



窓の位置、熟考したはずなのに

注文住宅を建てる際、我々が特にこだわったのは、明るさ・風通し・収納の3つでした。

その中の一つである風通しに関しては、図書館で何冊も本を借りてきて読み、家の建設予定地に足を運んで、実際にどの方向に風が吹くのかを体感し、周囲に建つ家々の窓の位置を把握して、なるべく窓の位置がかぶらないように、間取りを決めました。

こだわったおかげで、全部屋気持ちよく風が吹き抜ける家ができたのですが、住んでみて初めて...



プロフィール

プロフィール画像
ああしときゃよかった話
ミサワホーム東海で木造注文住宅『蔵のある家』を建設。
今更ながら「ああしときゃよかった!」「こうしときゃよかった!」と思うことを
ここで愚痴って発散してます。

カレンダー

<<   2021年10月   >>
          01 02
03 04 05 06 07 08 09
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

最近の記事

月別アーカイブ

<<   2021年   >>




最新のトラックバック

ブックマーク

  • rss 1.0